このサイトは、Yahoo!占いと連携しており、Yahoo! JAPAN IDでご利用いただけます。 

電話占いトップ > 無料メール占い > 妻子のある18歳年上の彼と付き合って10年が経ちました

無料メール占い

皆様から寄せられた無料メール占いの投稿から一部をお選びし、無料でお答えします。

試しに無料メール占いをしてみたい!という方はエキサイト電話占いのアカウントが必要です。

無料メール占いを投稿する

回答した占い師

易者ヨハネ 占い師

Q妻子のある18歳年上の彼と付き合って10年が経ちました

妻子のある18歳年上の彼と付き合って10年が経ちました。

この10年の間に、彼と出会う前から付き合っていた同世代の人と
結婚し、離婚をしました。
また、彼の奥様には(私に対して)訴訟を起こされ示談金を払いました。

それでも別れず付き合いが続いています。

日曜日以外は、ほぼ毎日夕食を共にしているような生活です。
彼が入院したときも、会社を辞めて独立したことも、
奥様には告げていないと言っていました。
実際に、入院したときは、私が付き添いました。

彼は奥様とは離婚するつもりだと言っていますが
私自身、それが本当に良いことなのかわかりません。

18歳も歳の離れている彼と、今後の人生を共に生きていくことが
私にとって本当に幸せなのかわかりません。
彼の子供(もう成人していますが)や、孫ができたときのことを思うと
私には受け入れる気持ちになれません。
それに私の両親や友達に、自信を持って紹介できません。


でも、だからといって、他の人と出会いお付き合いする気持ちにもなれません。

それに、一度彼と別れる話になったとき
彼の執拗なアプローチ(ストーカー行為)に結局別れられなかったという
醜い過去もあります。
これから先も、すんなり別れられるとは思えません。


彼が、私を必要としてくれ大切に思ってくれているのは良くわかります。
生活に刺激を与え、大げさに言えば生き甲斐となっているのも感じます。

でも、私は
彼のことを本当に好きで付き合っているのか、それとも
一人いるのは寂しいから・金銭的に助けてもらっているからなのか
それも良くわかりません。。。
そうはいっても、きっぱり別れて
別々の人生を歩むことも想像つきません。


これから、どうしたらよいでしょうか。

シエルさま
34歳
女性
 

Aひとつの転機である事を知り、結果を急がず冷静に対処してみましょう。

シエル様

エキサイト電話占い師ヨハネと申します。
早速ですがお尋ねの件につきまして問占しました結果をお示しいたします。

易では現状を
『すでに10年という歳月が経過してしまった中に、後戻りもできず、また希望を遂げることもできないジレンマに挟まれたまま、実りを獲り入れることができない現実に対して、とても苦しい思いで過ごされている現状がある。今までは互いの関係は非常に勢いがあったがゆえに制止がうまく出来得ぬまま、ここまで流されて来たが、しかし時はいよいよその最終的局面を迎えつつある』

との予言が示されました。

このあとに易の文の断を下すくだりへと連なっています。内容は
『艱則吉(くるしめばすなわちきちなり)』です。
つまり“苦しんでいることが吉である”という逆説的な言説になっております。

短い文章ですが、解説します。

★案件については現在すぐには決着がつかず、明解な結論は出せないという苦しみを抱える道を通過しなければ道は開かれない。
★あともう少しで勢いは終わりつつあるため、大きな計画を企てるにはかなり難しい事を受け入れて、準備する必要がある。つまりよく反省をし安易な道へ前進することは不可であることをしっかり分析することで、いづれ良い方向へと向かうことになる。

と通常理解し解釈されます。

つまり、お二人のご関係についてはすでに成熟しきってしまっており、これ以上の発展は難しく、進もうとする意志以上に歯止めや負荷がかかり身動きが取れない事が起こるであろうというのが易の予言です。

改めて整理します。

「壮んであったけれども、さらなる前進などを考えるとかえって多くの抵抗や障害が生まれたりして、大損害になったりする。これ以上の発展は望めず、縮小や整理をする時であり、客観的な判断を聞いて物事の処理を行うべく、冷静に対処できるようよく周囲の状況を観察しわきまえて、現実の時流にあわせて行動し、不正や他人のみならず自分自身の心をごまかしたりせぬよう戒める時である。その姿勢が後に思わぬほうへ道を開いたりする。
別に、もし、解決法が解らない時は、焦らず現状を守ること。ただし、虚言などを吐いたりして、信用を失うようなことはしない。何より今、一つの転機である事を知るべし。」

以上になります。

真の意味で“客観視する”という言葉がキーワードのようです。
ここでいう客観視とは、『自分は今何を得ているのか、同時に何を失っているのか』を再度問い直し、人生のプラスマイナスをきちんと計算することであるといえます。

人は自分一人では生きて行くことはできません。世界にたった一人で存在することはできず、自分一人では生きる意味を失ってしまいます。必ず関係性があって、喜び合えたり分かち合えること、いわば愛が成立して生きる意味を見出すことが可能になります。同時に常に自分自身の愛を成長させていく努力がなければなりません。

愛という関係性が成り立つためには、共通目的が無ければなりませんし、それが永遠を前提とするならば、その目的に合った責任が伴わなければ本物とは言えないでしょう。責任の伴わない愛情はいずれ廃れてしまう運命をもっています。

お相手の方とご自分の世界だけからものをみているとするなら、もしかするとそれは何らかの甘えが潜んでいるかもしれません。この機会に、より一層大きな心へと成長できるように長期的ビジョンに立つなど事態を違った角度から冷静に見つめ直してみるのも宜しいかと存じます。

この占い師の他の相談

回答した占い師

  • 易者ヨハネ
  • 易者ヨハネ 占い師  スピリチュアル ( えきしゃよはね)

    相談件数

    2248件 (クチコミ : 284件)

    就業開始時期

    2008年04月

    占い歴

    34年 10ヶ月(プロ占い歴 : 24年 7ヶ月)

    価格

    1分 / 230円+消費税   1通 / 8,000円+消費税

    占術
    四柱推命・断易・周易

お客様へのおすすめ占い師

※ 料金は通話料込・別途消費税がかかります。


PAGE TOP